割引率脅威の99%オフ!年末商戦の時こそ、中古商品を買おう

前回の記事に引き続き、今回は年に一度の特大セールが行われる「ブラックフライデーお買い物商戦」後半戦を語らせていただきす。一見ブラックフライデーとは縁遠く思える場所で出会った意外な恩恵の数々に、すっかり度肝を抜かれながらも素晴らしい買い物をする事ができ、とても満足できました。

I visited some thrift stores and antique malls on Black Friday. Then, I found a lot of amazing items there and really enjoyed shopping.
<

 

素敵な出会い!まさかあの店もセール!?

 

ブラックフライデーセールでごった返したアウトレットモールを後にしてから、ついでに付近のThrift Store(リサイクルショップ)に立ち寄ってみました。

 

こちらは大手のグッドウィルです。

 

スリフトストアには日常的に趣味の一環でしばしば足を運ぶので、特にブラックフライデーを意識してはいなかったのですが、なんと嬉しい事にこちらでもセールを行っていて、青いタグがついた商品(入荷時期により色違いの価格タグがついているのです)がどれも1ドルで販売されるというのです。

 

 

ブラックフライデーというとついつい最新トレンドを扱うショッピングモールに行きがちで、中古商品なんてなかなか考え付かないですが、盲点でした。お得度で言うと、アウトレット店の比ではありません!元数百ドルの商品が1ドルだったりします。

 

 

私もとても中古には見えない、綺麗なラルフローレンのシャツがあったのですが、ちょうど青色タグだったので思わず購入してしまいました。

 

本当にたった1ドル(税込)だったのですが、むしろこんなに安くて果たして良いのだろうかと少し不安にさえなりました。

 

 

故きを温ねて…徳を知る

 

すっかり気を良くした私は、中古つながりでアンティークモールに行くことに。

 

 

すると、なんとここでも値引きの嵐でした。通常であればブラックフライデーにアンティークショップなんて無関係のように感じてしまいがちですが、まさかの掘り出し物も見つかって正に一石二鳥、棚からぼたもちでした。

 

 

それと言うのも、なかなか見つけるのが難しいマクベスエバンス(Macbeth Evans)というメーカーの商品でパステルバンドというシリーズのセットに遭遇したのです。

 

マクベスエバンスのペタルウェア、パステルバンド!

 

マクベスエヴァンスは大恐慌時代の約70年前に隆盛を極めたディプレッションガラスを扱う会社で、その歴史は短かったのですが、独特のとても薄い、美しく透き通ったミルクグラスは今でもとてもファンが多いのです。

 

特にこのペタルウェア(花びらのようなデザインからきています)のパステルバンドは生産数はかなり少なく、この状態のものが見つかることは今では稀なのです。

 

こちらはクリマックス(Cremax)と呼ばれるアイボリーカラーのもので、飾るだけでもとても美しいセットです。

 

独特の透け具合

 

カップが4つにソーサーが5つ(もう一つのカップはどうしたのだろう)、それとサラダ用のお皿が4枚の計13点でした。非常に状態が良かった事に加え、ただでさえ値段がかなりお買い得だというのにさらに25%オフで結局$30ほどに。本当にありがたい出会いでした。

 

そして、運命の出会い

 

しかし、お買い物はそれで終わりませんでした。一通り店内の商品を物色した後、会計を済ませようとレジへ向かうとその脇でなんと可愛らしいビンテージのドレスを見つけてしまいました。

 

青色でフリルがついており、この年でそんなの手に取るなんてどうなのというほど可愛すぎるデザインだったのですが、異様に気になってしまったのです。値札を見てみると$50だったものが$25に値下げされていて、さらに25%引きで$20以下になるというではありませんか。

 

こんな機会はめったにないと、結局購入に踏み切りました。なかなか普段着に活用するには相応の勇気が必要なくらいこの時代にはあまりに可愛らしすぎるデザインですので、今度始まる映像プロジェクトの衣装として着ようかなと思っています。こんな衣装を着るのは果たして何年ぶりなのでしょうか。

 

 

最近は不本意にもなかなか役者活動ができていないので、これを気にまた一段と精進していきたいと思います。役者としての思いまで奮起させてくれたブラックフライデーでしたが、皆さんも素敵な出会いがありますように心より願っています。セカンドハンド(中古)も悪くないですよ。

 

You may also like

Leave a Reply