2017/11/28

これぞU.S.A! 今年最強のハンバーガーのセットをご覧ください(4番が凄い)。

Journals (日頃の話)
目次

    日本より外食費が大幅に高くなってしまうロサンゼルスでは、いかに安く満足のいく食事ができるかが重要な鍵となります。今回は先日のブラックフライデーの帰りに立ち寄ったCarl’s Jr(カールスジュニア)で、驚きのお値打ちセットを見つけてしまったので、そのお買い得なメニューについてご紹介いたします。

    I went to Carl’s Jr on Black Friay. Then, I found $5 ALL STAR MEALS, which includes two hamburgers, small fries, drink and a cookie. It was very good!

    Ads by Google

     

     

    対費用効果が見込めないアメリカの外食

     

    ロサンゼルスで外食をするとなると、税金に加えチップを払わなければならないばかりか、日本で言う牛丼チェーンや定食屋さんなどのように、そもそもワンコインで食べられるような飲食店がなかなか存在しないので、絶対にそれなりの金額になってしまいます。

     

    日本では稀な事ですが、高い割には予想外にたいした事のない食事を提供するお店も多々あり、それがまた私が外食を敬遠しがちな理由の一つです。たった数百円でもちゃんとしたご飯にありつける日本の外食産業は本当に素晴らしいと思います。

     

    それに比べ、こちらはコンビニすら高ければ品数もないので、日本での食料調達の手軽さが恋しくてなりません。

     

     

    そんな普段は外食に縁遠い私ですが、先日のブラックフライデーでは遠出したばかりに、どうしてもどこか外で食事を取らねばならない事態に見舞われました。

     

    祝日だったので日本とは異なって休暇をしっかり取る傾向があるアメリカでは休業しているお店も多く、こういった日の外食は選択肢も限られてきます。

     

    ショッピングで何時間も歩き回った後だったのでだいぶ疲弊していましたしお腹も空いていたので、ちゃんとした食事でなくても手軽に済ませられる場所が近辺にないかと探していると、なんとかタイミング良く以前にも何度か利用したことのあるハンバーガーチェーン店の「Carl’s Jr(カールズ・ジュニア)」を見つけました!

     

    これは近所の店舗ですが、割とどこにでもあります

     

    困った時の助け舟、それが「Carls’s Jr.」

     

    Carl’s Jrはハンバーガーのボリュームがたっぷりな事に加え、幅広いメニューと高いクオリティをリーズナブルな価格で楽しめるとても使い勝手の良いファストフードで、観光でいらっしゃる方にもぜひお勧めしたいお店です。

     

    典型的なアメリカのハンバーガ屋さん。どれも美味しそうです。

     

    この時期に似つかわしくない気温の高さも相まってとにかく体がヘトヘトでしたので、他の可能性を探る事もなく迷わず入店しました。

     

    ロサンゼルス郊外の小さな街でしたし、さらにホリデーシーズンなので客数は非常に少なく、昼時にもかかわらずお客は私たちのみというほぼ貸切状態でした。そんな中いつも通り優柔不断に任せてどれにしようか悩んでいると、ふと気になるメニューが目に入りました。

     

     

    奇跡的なセット「$5 ALL STAR MEALS」

     

    日本でいうところのワンコインメニューのような感じでしょうか。ただアメリカではファストフードと言えど、たった$5以下で食べられるようなCombo(セット)はなかなかないので、すっかり目を引かれてしまいました。

     

     

    最初はセットに含まれるバーガーがどれも5ドルになり、それにセットで追加料金がかかるのかと思いました。流石に写真に見られるようにダブルチーズバーガーにホットドッグにフライドポテト、さらにクッキーとドリンク(おかわり自由)が全て込みで$5なわけはないだろうと疑心暗鬼でした。

     

    たまにアメリカのメニュー表は隠れた代金がはっきり明記されてない時があって、何度か騙された事があったものですからこちらとしても斜に構えていたわけです。

     

    ただどうしても気になったので、悩んだ挙句こちらのセットを注文してみる事にしました。全部で4種類ありましたが、その中でも一番アメリカらしさを感じさせるハンバーガーが二つ描かれた4番を選びました。

     

    オーダーの際にこの内の「どちらのバーガーにしますか」的な質問をされるのではないかと思いきや、結局何も聞かれずに注文が終わってしまったので、そこでようやくまさか本当に写真に掲載されている全てのアイテムが来るではないかという確信にも似た淡い期待を持ち始めたのでした。

     

    なぜにハンバーガーが二つ??究極の謎

     

    それにしても一つのセットにハンバーガーが二つも含まれているなんて、やはり違和感を感じてなりません。アメリカのハンバーガー店ではよくある事ですし、もちろん一つ一つのハンバーガーのサイズは日本とそれほど変わらないのですが、それにしてもメインが二つある光景は何と言うか偶々ライバルが居合わせてしまったような気まずさのようなものをハンバーガーたちからひしひしと感じます。

     

    こういったセットはシェアしても良いようですが、いまだかつてそんな人を見かけた事がないので、やはりアメリカだなと思います。

    日本ですと通常のサイズでは物足りない場合には、ダブルバーガーのように中身のビーフパティを増やすなどして、メインのサンドイッチ自体の嵩増しをしようとする傾向がありますが、確かに単純に個数を増やした方が量も満腹感も倍増しますし、メニューのバリエーションを増やすなど余計な手間をかける必要もないですからね。

     

    そう考えれば、アメリカのやり方は大胆ながらも合理的と言えそうです。

     

    ついにやって来た!コスパ最強のコンボ

     

    一体どんなサイズ感で出て来るのだろうかなと若干不安を感じながらも、期待に胸を膨らませながら待っていると、ようやくやって来ました。何やら細長い箱に入っています。

     

     

    早速開封して箱の中身を確認してみると、フライドポテトがかなりダイナミックな感じに投入されていますが、その下にありました!
    ビーフパティが二つのダブルチーズバーガーとスパイシーチキンサンドがしっかりと詰められています。そしてその横に肩身が狭そうにチョコチップクッキーが立てかけられていました。

     

    まさか写真通りのものが通常のサイズ感を保ったまま、そのまま登場するとは実に驚きです。写真を見て期待したけど、実際のサイズはものすごく小さかったといったようなよくある詐欺まがいの誤魔化しなどは一切存在しませんでした。

     

    ハンバーガーの種類は特に凝ったものではなく定番といった内容ではありましたが、それでも通常のハンバーガーのサイズと何ら変わりはなく、味もクオリティも抜群で正直言ってとても美味しかったのです。また申し訳程度に入っていたクッキーもこれは別に添付しなくても良かったのではないかというくらい巨大で、全体的にかなりのボリューム感でした。

     

    「数日後、また買ってしまいました」の写真

     

    とにかくこれでもかと言うくらいがっつり入っているので、普段オーダーするにはなかなか勇気がいるかもしれませんが、コストパフォーマンスはかなりの高得点を稼ぐ衝撃のセットでした。
    この日のようにだいぶ疲労困憊して空腹な日には最適だと思いますが、摂取カロリーがとんでもなさそうですね。

     

    メニューの下の方に小さく「こちらのメニューは1200〜1600キロカロリーあります。ちなみに成人の一日の摂取カロリーは2000キロカロリーが目安とされています。計画的に食べましょう」的なことが書いてありましたが、果たして本当に注意を促す気があるのかは定かではありません。

     

    せめてドリンクはゼロカロリーコーラを注文するなどして少しでも罪悪感を軽減しない限り、後でちょっとした後悔が残りそうです。

     

    しかしながら、高価な外食産業が主流のアメリカで生きる私たちにとって、このメニューはかなり救いの手になるかもしれません。
    観光客の方でも連日の外食で旅費をだいぶ費やしてしまったので、お腹いっぱいにしつつ少しでも食費の節約をしたいという方にはぜひお勧めしたいです。

     

     

    この値段でここまでアメリカらしい食事を楽しめるものは、私の知る限りここしかないと言って過言ではありません。しかもカールスジュニアはチェーン店ですので割かしどこでも見つかります。

     

    そんなにたくさん要らないという方やそれほどお腹すいてない際には、ハンバーガーとポテトをシェアしても十分満足感を味わえますよ。

     

    こちらはおそらくですが、常設の新メニューではなく期間限定かと思いますので、もし機会があればぜひお早めに試してみてくださいね。ただ、毎日は食べないほうが良いです。