Screening at Waner Bros. Studios/アメリカの映画スタジオ(ララランド ロケ地)に潜入!

I was invited to the screening of the movie whose shoot I participated in as a production assistant, so I could go inside the Warner Bros. Studio. I really got excited to see the backlot of the famous studio.

昨秋プロダクションアシスタントとして撮影を参加させていただいた映画作品の試写会に招待され、なんとあの有名なワーナーブラザースの撮影スタジオ内部へと潜入してまいりました。私のような一般人が普段易々と通過する事が極めて困難な厳重なセキュリティを越えて、世界でも有数の大手映画スタジオの裏側を覘いてまいりました!

 

アメリカで最も歴史のある映画スタジオの一つ『ワーナーブラザース』へ!

 

ドルビーシアターがあるハリウッドよりやや北、バーバンクにスタジオを構えるワーナーブラザースは、主に映像制作や配給を行っており、今春で創業94周年を迎える歴史ある企エンターテイメント企業です。日本でもこの盾を象ったロゴマークが馴染み深い存在ですよね。

 

バーバンクにあるワーナーブラザーススタジオ
Warner Bros. Studio is one of “Big Six”, which were first six major film studios in the industry, and also a pioneer of “talkies” and color movies.

 
Warner Bros. Studio is an entertainment company which has produced and distributed movies for about 94 years. The four brothers of Warner family, who immigrated from Poland, started the movie business in 1903 and established the company in 1923.They also opened the first film studio in Hollywood in 1918.

 

社名の「ワーナーブラザース」は文字通り、創業者であるハリー、アルバート、サム、ジャックのワーナー家四兄弟に由来しているのですが、ワーナー一家はポーランドからの移民だそうで、最年長のハリーは祖国ポーランド、アルバートとサムはアメリカのメリーランド、そしてジャックはカナダのオンタリオ生まれといったように、兄弟でありながら実に様々な出自を持っていたようです。

 
ワーナー兄弟が初めて映画産業に着手したのは、1903年にペンシルベニアとオハイオの鉱山街で映画を上映し始めた事に遡ります。その後ペンシルベニアで映画館と配給会社を設立、1918年にはハリウッドに初代となる撮影スタジオをオープンしました。

 

Sony universal fox paramount disney waner bros logo illustration by miki
“The Big Six” The current major film studios in the movie business.

 

(↑頑張って書きました)

ワーナーブラザースはかつて「ビッグ5」と呼ばれ(現ビッグ6)、ハリウッド映画を代表とする大手撮影スタジオの内の一つで、他に先駆けてトーキー(有声映画)とカラー映画の製作に乗り出した事でも有名です。ちなみに今回調べて気づいたのですが、日本では「ワーナーブラザーズ」ではなく、「ワーナーブラザース」が正式名称だそうです。

 
特に理由は判明していないのですが、おそらく日本では多々見られる発音の容易さを重視したカタカナ変換の結果ではないかと思われます。

 

ついに知られざる映画舞台裏へ潜入、とにかく規模が大きい!

 

アメリカハリウッドの映画スタジオの中

 

こちらの巨大な撮影スタジオ内部には、ツアーに参加すればセットの一部は訪れる事が可能ですが、関係者でない限りはこれほど奥までお邪魔できる機会は全くないので本当に貴重な体験になりました。

入場前の厳重なセキュリティチェックを無事に通過し、いよいよ中へと入ります。

 

ララランドロケ地のワーナーブザーススタジオ

 
Some parts of “LA LA LAND” was also shot here. I really got excited with a lot of the familiar sceneries.

 

先日ご紹介した映画「ララランド」の撮影もこちらのスタジオで行われたので、ところどころで見覚えのある風景に遭遇し、その度に一人で興奮してしまいました。
建物(サウンドステージ)の中だけではなく、スタジオ内部に併設されているステージや建物間の通りなどの景色は映画で見たものと全く同じですので、とても感化されるものがあります。エマ・ストーンさん演じる主人公のミアが働くカフェもこのスタジオの中ですよね。

 

Peak coffee shop at Waner Bros
There was “Central Perk Cafe”, which appeared in the popular TV drama “Friends”, there. Goods related to the drama are sold inside.

 
1994年に人気を博したテレビドラマ「フレンズ」で主役のレイチェルが働いていた「Central perk cafe」もあります。
ちなみにこの店名ですが、ニューヨークの有名なCentral Park(セントラルパーク)に、「コーヒーを淹れる」という意味を持つ「perk」がかかっているそうです。なお内部ではドラマのグッズなどが販売されています。また、ここにはスターバックスも常設されているので、気軽においしいコーヒーを楽しむ事も可能ですよ。

 
観光客に大人気のスタジオツアーでは実際にこちらのセットを訪れたり写真撮影したりできるようです。

 

あの名作映画もここから生まれた!完全プライベートのスクリーニングルーム

 

そして、こちらが今回の試写会が行われた劇場になります。通常の映画館の大きさと比較すると、だいぶ小ぢんまりとしていましたが、ゆったりしていてふかふかの快適なシートに加え、前方には立派なスクリーンが完備されており、とても上質な空間が構成されていました。

 
Waner Bros. Private screening room

 

This is a movie theater where we watched the screening this time. It looked smaller than usual ones, but wide soft seats made us feel so comfortable. Moreover, there was a big screen in front of them.

 
Usually, a lot of pre-screenings are held to get other people’s feedbacks until Hollywood movies are released to the public. They are re-edited again and again. I realized that many people are engaged in creating a film. Yes, a movie is an art of collaboration!

 

基本的にハリウッド映画は一般公開に先立って、このようなスタジオ内の劇場で幾度もスクリーニング(試写会)を開き、その都度プロデューサーや映画関係者などからの批評を受けて、適宜再編集を重ねます。ですので、一番最初に第三者の目に触れた際と、私たちが映画館で鑑賞する際で大きな変化を遂げている事は決して珍しくはありません。

 
一般の目からしてみると、監督が作品の全てに決定権を持っているかのように錯覚してしまいがちですが、映画製作において監督の一存のみが貫徹される事はまずありません。そのため私たちが心動かされるシーンの中には、監督が当初予定していたカットとは相異なるものが採用されているといったケースも珍しくないわけです。

 
ディレクターズカット版のDVD

 
時折、店頭に並ぶ映画作品のDVDパッケージの表面に「ディレクターズカット版」という表記を目にする事がありますが、これは監督の意向に対し、より忠実に編集されたものである事を表しています。この部分は絶対に映像内で使いたいと思っていたにもかかわらず、結果としてばっさりとカットされて落胆されている監督の方がしばしばいらっしゃいますが、ハリウッド映画はコラボレーション(共同作業)の結集であり根幹なのだという事を改めて実感させられます。

 

Director Hitoshi Yoshikawa at Screening

 
Here is Hitoshi Yoshikawa, who is a LA-based producer. My bear made friends with him in a short time. My bear’s attractiveness is the best in the world.

 
ロサンゼルスを基軸としながらも近年ではより国際的な活躍を見せており、今回の映画製作ではプロデューサーを担当された吉川仁士さんも会場にいらっしゃっていました。もちろんくまさんも一緒です。
上映前の短時間のみながら、吉川さんもくまさんもすっかりお互いに打ち解けて、とても仲良しになっていました。くまさんの愛嬌は最強ですね。

 

The movie was amazing. I really liked it. I felt that shots which I could see during the shoot were totally different from the completed movie. I realized that editing can change everything in movies. In addition, I got surprised by how many people were contributing to the movie. Even one film needs a lot of cooperation and ideas. I want to be on a big screen someday!

 

観終わっての感想ですが、とても素敵な仕上がりでした。やはり撮影している時の断片的な映像と編集後の仕上がりとではだいぶ印象が変わるのだなと強く感じました。それほど編集作業は映画製作において重要な立ち位置を占めているという事ですね。
またエンドロールにズラリと並ぶスタッフの名前(クレジット)を眺めていると、いかにたくさんの人間が一本の映画作りに携わっているのかを改めて認識させられ、映画製作の大変さを思わさせられました。

 
いつか私も大きなスクリーンに登場し、エンドロールに女優として名前が連ねる事ができるよう、今後も精進してまいります。

 

観光にオススメ!ワーナーブラザースのスタジオツアーはオンライン予約で

 

mikinomura_waner_bros_stuos_7
If you’re a big fan of Waner Bros. movies, the studio tour would be cool. You can explore it for about three hours. They also have the deluxe tour which continues for about six hours.

 

スタジオの一部を間近で見学できるスタジオツアーは約三時間の内容で、現地購入ですと大人65ドル、子ども55ドルで、オンライン事前購入ですと大人62ドル、子ども52ドルとの事です。若干値は張りますが、馴染みあるセットを訪れたり極めて稀ですが有名人と遭遇したりというように、他では得られないとても貴重な体験をする事ができるので、大変おすすめです。

 
また、よりスタジオ体験を楽しみたいという方は約六時間にわたる充実のデラックスツアー(295ドル)を申し込んでみても良いかもしれません。どうやらおいしいランチも付いてくるようですよ。

 
ハリウッドは、「がっかり観光スポットだった」というお話も聞きますが、そのハリウッドから容易にアクススできるこのワーナーブラザースのスタジオツアーの満足度はかなり高いですよ。ハリウッドで時間を持て余してしまった方は是非おためしください。オンラインの予約はこちらから。

 

今回これほど貴重な体験をさせていただく機会をいただき、試写会に招待してくださった監督さんには本当に感謝です。ありがとうございました!
I’m so happy to have had such a precious experience! Thank you for the wonderful opportunity!

 

—-

Waner Bros. Studio Tour
3400 W. Riverside Dr., Burbank, CA 91505-4669
Web: https://www.wbstudiotour.com/

You may also like

Leave a Reply