“Match”(short), “Caroline”(short)/ 2本の短編映画に出演しました。

I appeared in two student films on Sunday and Tuesday this week. The both were shot on Canon C300, and the footage looked pretty amazing!

 

First, I acted in as “Friend C” for “Match” directed by Selina Eichhorn on Sunday.
Although I was a little nervous at first, I was affected by the enthusiastic attitude in which the crew and casts were working on the shooting, so I could have a very precious experience.

 

今週の日曜と火曜に二本の学生映画に出演させていただきました。アメリカに来てまだ半年なので、しばらくはこのようなプロジェクトに出て、経験と出演歴を稼いでいきます。
どちらの撮影もCanonのC300で撮影致しました。Canonのシネマシリーズのカメラですが、低予算の映画には、Sony FS7と並んでハリウッドでも人気ですよね。日本ではどうなのでしょう?

まず日曜ですが、Selina Eichhorn監督の”Party Time”に友人役として参加。パーティーというものに普段あまり馴染みがないもので、初めは少々緊張しましたが、クルーとキャストの方々が大変意欲的な姿勢で撮影に臨まれていたので、私自身も感化され、とても貴重な体験をする事ができました。

 

miki_pic_sf1

miki_pic_sf3

miki_pic_sf2

Next, I played a ghost in “Caroline” directed by Adrianne Lundy today.
It was a role of releasing its inner violent passion without hesitation, for example, a screaming scene. Not only could I enjoy, but also I could relieve my own feeling.
I appreciate both of the opportunities and all the crew members. Thank you so much!

 

そして本日火曜は、Adrianne Lundy監督の”Caroline”で幽霊を演じました。
阿鼻叫喚のシーンなど、内に秘められた熱きパトスを惜しみなく放出する役どころでしたので、非常に楽しめただけでなく、日頃の鬱憤までをも発散する事ができました。

 

miki_pic_sf5

miki_pic_sf4

Once again, I really appreciate the great opportunity and would like to thank the crew!

学生映画の、クルーとキャストが協力して一緒に作り上げていく雰囲気が好きです。
参加させていただき、本当にありがとうございました。

You may also like

Leave a Reply